あぅあぅあ~♪ あぐちゃんのほしくず★ロンリネス
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
-------- (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思ったんだけど
2009-08-03 (月) | Edit |
>るるぼー

元気は出たり萎えたりだよ(´ω`*)

なんというか、見てくれてたんだねぇ。

あんなぐだぐだ文句だらけの記事・・・(笑)

めいぽは全然してないやぁ il||li(A´・ω・)

親しくしてくれる友達となかなか会えないのは寂しいけど、

変な奴ばっかりと出会ってばっかりだったから疲れてしもた。

レベル装備火力気にしないっていってんのにああああうっせええええ!

って人がしつこくて('A`

時々チャットに出向いてるからやめてはいないんだけどw


------------------

出会って、離ればなれになる。 友達・知り合いの意味で。

今までに自分とこうなった人たちは一体何人いるんだろう。

きっと数え切れないくらいいるはず。

その人達との一日一日を大切にすることはできていただろうか?

かける一言一言に気を付けることができていただろうか。

正直に言うと、あまり考えられていなかったと思う。

そう、後悔。

楽しい空気にのせられて、ぶちこわしてしまうことだってあったと思う。

謝りたくなりました、、・・・・・・本当、すみませんでした。
スポンサーサイト

Comment
Comment to this Diary
この間、女の子の夢を見た。
その女の子は山奥で生活していて

赤髪だけど服装や身格好はボロボロだった。

同い年ぐらいだったけど、勿論学校とかには行ってないようで、放課後に突然現れて山奥に連れて行ってくれた。

其処はとても神秘的な所だった。
最初は匂うし、汚い彼女とは遊びたく無かったけれど
ちょくちょく、放課後に彼女がオレを遊びに連れていくうちにオレは気づいた。

彼女が世界のどんな奴よりも純粋な事に。
一片の不純も持たず、自分の思うがままに生きている。
だから彼女は自分の容姿等気にしない。自分のありのままに生きている。

オレにはそんな彼女が世界の中心に思えた。
その時おれは彼女に惚れていたんだ。

でも、それに気づかされた途端、彼女は現れなくなった。
其処で夢から覚めた。


覚めてからも不思議な感覚だった。
夢の中の存在だというのに、オレは彼女に惚れていたんだ。
純粋な彼女が今でも忘れられない。

彼女は確かに夢の中の人物だったが、実は存在しているんじゃないだろうか?とさえ思う。
そしてオレに純粋である事の大切さを教えてくれたんじゃないかと。

彼女にまた会いたい。でも会えない。
オレは彼女に惚れてしまった。でも彼女が居るのは夢の中。
もう会う事は叶わないんだ。

コレほど世知辛い恋は無い。
夢の様な本当の夢の愛は、たった一日で潰えた。

でも、オレはまた彼女に会える日を信じて純粋になるべく努力を怠らないでおこうと思う。



これ、全部ノンフィクションの話ね。つい最近の事。
2009/08/05(水) 00:26:16 | URL | りぼ #-[ Edit ]
もどってこいよおおおおお
baaaaaaaaaaaaaaaanwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
2009/08/14(金) 04:33:58 | URL | りばーせりー #-[ Edit ]
Comment Form
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者のみ表示する
 

トラックバック
Trackback URL to this Diary
Trackback to this Diary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。